レンタルチャット
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


どちらかといえばサッカーと三重県のことについてのゆかいなサイト

menu
LINK
goro

最近の記事

●長州力の体型がメスカブト型なことについて
●とんてきという物についての考察
●四日市生桑のマンガ喫茶の戦争
●サッカーのチーム情報エントリー

このサイトはインターネットエクスプローラーver6、Opera(Ja)で動作確認しております。見にくい、見えないなどの不具合がありましたら、ご面倒ですが、このコメント欄の上にある金魚バナーをクリックして、メールにてお知らせください。

サッカー情報

 内田智也 横浜FC
 北村知隆 横浜FC
 吉武剛  横浜FC
 樋口昌俊 仙台
 米山大輔 C大阪
 御給匠  C大阪
 村上和弘 仙台

作成中リスト

 和波智広 札幌
 中尾康二 札幌
 西村弘司 京都
 水本裕貴 市原

 


○ セレッソ大阪○

FWばかり集める、こうばしいチーム。なによりもFW,チビですばしっこい選手が大好物。監督は仕方なく…

>>続きを読む


○横浜FC○

自分のサッカー場(ホームスタジアム)を持たない、さすらいのオランダ人的漂泊者たち。中学生の後でシャワーを浴びながら、明日を信じる…

>>続きを読む


○ベガルタ仙台○

型落ち素材で全員サッカー。無理のある設定でも、顔色を変えずにたんたんとチームを作るベルデニック監督。フロントとサポーターのチキンゲームは続く…

>>続きを読む


村上 和弘 意外とマメな男
Murakami "shouji" Kazuhiro is getting better day by day.

Posted by Azakeri 26 May 2004 22:50 AZT
>>TOP>>サッカー>>三重県出身選手>>村上和弘 ようやくレギュラー、堅実な男
中盤で攻め上がる村上 (g)
トピックの写真 

ベガルタ仙台 MF/DF
両ききのマルチプレーヤー


経歴
(四郷高-横浜FM-ベガルタ仙台)

サッカーの強豪校とはいえない、四郷高校出身選手。中途半端なブレザーが制服の笹川の近くにある高校だった。そこから唐突に横浜FMに入団したものの、横浜では選手層の厚さに阻まれ活躍できずに解雇された。その後仙台に移籍し(当時の清水監督及び横浜系のスタッフがいたためか)何度かのケガを経て、02-03シーズンにようやくピッチに姿を現した。

  DFのユーティリティーとして

テクニカルなボランチ・トップ下と思われていた村上は、怪我人の穴を埋めなくてはならない試合で、意外にもフィジカルの強さを買われ、右サイドバックで起用された。緊張と慣れないこともあってか、パスのつなぎもラインを揃えることもままならず、いっぱいいっぱいの表情で前に大きく蹴ってばかりいたが、それまでの印象とはまるで違う、きっちりと戦う選手になっていた。ただ、ミスをした後、気を取り直すのに時間がかかることが私には気がかりだった。ミスをした後十分ほどの間「あちゃーしまったなぁ」といわんばかりの表情のまま試合を続けるのはよくないが、村上の性格がよく分かり、私はいっそう応援したくなった。
そのシーズン、仙台は選手が次々と負傷で戦列を離れ、最終的にはJ2に降格してしまうのだが、村上にとっては試合に出続けるという意味で、最高の経験を積んだシーズンとなった。

  試合に出ることによって、U-23代表候補にも選出された
 
その後、試合の状況によってではあるが、スクランブルでセンターフォワードとして起用されたり、マンマークシステムによる左センターバックを経験し、現在は左のウイングバックのレギュラーを務める。ベルデニック監督は村上を重用しており、今が一番成長できる環境にあるのではないだろうか。しかし完全なレギュラーと言い切れるほどの結果を残していないため、攻撃センスを発揮してゆくことが重要である。




村上は インターネットで日記を公開しているのだが、とにかく更新がマメである。その内容も自分の感じた事、課題などを正直に書き記してあり、好感度は高い。

好きな女性のタイプは、ハッキリしている人で気の強い人。好きな果物はイチゴ。ラーメン博物館には2回遊びに行っている。あだ名はショージ。名字が村上というところから来ているのだが、それはどうかと思う。元ベガルタ仙台の福永泰(現在、先が見えないリハビリ中)と交友があり、日記の中にも何度か登場する。

村上のメッセージが読めるサイトオ・コズモス         
(SAKA作成:村上のサイト"オ・コズモス"Q&Aより)      


ベガルタでがんばれ 樋口昌俊

写真が苦手!

樋口昌俊
ベガルタ仙台 MF/DF攻めあがるセンス
(四中工-ベガルタ仙台)

高校サッカー選手権で活躍した、センターバックとトップ下をこなす、異彩を放つDF/MF。当時の四中工は、DFラインのメンバーがケガなどで揃わなかったが、樋口が中心となり、組織的な守備からのカウンターを持ち味としていた。試合が拮抗した際にはトップ下に上がり、持ち前の攻撃センスを発揮、何度もチームの窮地を救った。入団がなかなか決まらなかったが、練習生を経てベガルタ仙台に入団決定。 平山相太も参加したスイスで行われたベリンツォーナ国際ユース大会 に出場。代表では左CBを務め、同大会で1得点。
寡黙。写真が苦手で、髪型がややおかしい。右サイド(耳にかかるあたり)が苦手か。





>>TOP>>サッカー>>三重県出身選手>>村上和弘 ようやくレギュラー、堅実な男
 樋口昌俊

「とんてき」との戦い豚たちの挽歌 来来憲

○四日市には「名物」ないの?と誰かに尋ねられてももう大丈夫!これからはサラッと「ああ、とんてきっていうのがあってね…」と、10分はそれについて語れる、役に立つトピック。当社の敏腕記者がとんてきの元祖「まつもとの来来憲」に潜入取材を敢行した。


>>>続きを読む

 

トイレから漫画までトイレで炊飯器がこんにちは

○トイレに入ると、涼しい顔で炊飯器がチョコンと座っていました。アナタならどうする?知らんぷりをするその無関心が、“キレる”人間を作ってしまうのかもしれません。社会問題に深く切り込んだ野心作、堂々の書き下ろし1ページです。

>>>続きを読む

 
「えんとつ」との戦い豚たちの挽歌 来来憲

○四日市には「四日市ぜんそく」ないの?と誰かに尋ねられてももう大丈夫!これからはサラッと「ああ、四日市ぜんそくっていうのはあったけど、環境基準法がね…」と、10分はそれについて語れる、役に立つトピック。当社の無気力記者がぜんそくの元祖「赤白煙突」に潜入取材を敢行した。というのは嘘で、とんてきへのりんくしかありません。


>>>続きを読む
 
「仁義なき」マン喫戦争仁義なき戦い 生桑編

○のどかな田舎町“生桑”では壮絶な生存をかけた戦いが静かに始まっていた…生桑に着実に地盤を築いてきた「火の鳥」、その個性的なスタイルは追随を許さなかった。しかし、「小ぎれいさ」というなの新型兵器を載せた黒船“Plus cafe"がその領地の中に、どっかりとそのイカリをおろした。


>>>続きを読む

 
 
topic field
comoing soon
  
 
topic field
comoing soon
  
 
topic field
comoing soon
  
 
topic field
comoing soon
  
 
     
     
secret_goldfish_revenge's logo©totonos/the otherside of totonos/satoshi/Azakeri/ all rights reserved./ feedback to us / powered by secret goldfishes' Revenge2001-2004.